2024年2月27日

仕事がきつい?介護士の魅力とやりがいについて

介護士の仕事は、よく「厳しい」「給料がやすい」と言われます。しかし介護士についた方はこのまま働き続けたいという方も少なくありません。また、子育てや家族の介護などで一時的に辞めてしまった方の中にも、時間に余裕ができたら復帰する仕事として介護士や福祉系の仕事を選ぶ方も多いと言われています。経験があるという安心感と何よりこの仕事が好きだから、という理由からです。

介護士の現場では身体介助や排泄介助など決して簡単ではありません。辛いと思うことも多いでしょう。しかし、この仕事にやりがいを感じて働いている人はたくさんいます。特にやりがいを感じるのは人に感謝されたときです。自分の両親や祖父母と同じぐらいの年齢の方にお礼を言われたりするのは他の職種では見かけない光景でしょう。こうした人の優しさや愛情に触れる瞬間は、ひとつひとつが学びとなり考えさせられる事ばかりです。慈愛に溢れている人、人を助けたいと思っている人はおススメです。

介護士として働く魅力は他にもあります。仕事で得た知識は身近な家族の介護においても役に立つことも魅力の一つです。人は生きている限り年老いていきます。年齢を重ねていけば心身に不調が出てきて、いずれは介護が必要になるときもやってくるでしょう。それは当然、自身の身近な家族も例外ではありません。祖父母や両親、兄弟姉妹などの家族に介護が必要になったとき、仕事で得た知識はきっと役立つはずでしょう。